不安な一夜

出張で、普段よく使うホテルチェーンで泊まっていると、2:30頃にけたたましいサイレンと共に火災放送が入りました。『10階で火災を感知、係員が確認中』とのこと。私は3階の端の部屋で隣りが非常階段だったこともあり、次の案内があるまで、身支度をして部屋にいようと判断。
数分後、同じくサイレンの後の放送では、なんと『10階で火災が発生、落ち着いて避難してください』と案内されました。さすがにこれは大変と言うことで、かばんを担いで非常階段に繰り出しました。上からばらばら降りてくる人の波に逆らって、フロント係のお姉さんが階段を登って来ていて、『誤報だと思います。落ち着いて待機していてください』と繰り返し言っていましたが、むしろお姉さんの方がパニック気味でしたよ?

私は最初から誤報の方に賭けていたので、部屋に戻って仮眠を続けることにしたのですが、気が高ぶっていることと、隣りの非常階段からその後も上り下りする音が丸聞こえで眠りにくい。それだけではなく、10分おきにサイレンが鳴り、それをフロントが手動で止めるのを1時間以上続けていたので、その間は全く眠れなかった orz

結局、消防の判断で『センサーのエラーと判断しました』と館内放送が入って事態は終結しましたが、もうこんなのは勘弁してください・・・。全自動の火災報知システムが招いたトラブルでした。
[PR]
by Drewin | 2005-08-11 07:52 | Other Topics
<< 戦える仙石になっていました 【EQ2】 AQその3 >>