最初は高いおもちゃだったなあ・・・

米国でノートPC出荷が、初めてデスクトップを超過したとのこと。
かばんみたいなノートを平気で持ち歩いていた彼の国の人にも、モバイル機志向が増えてきているようですし、今後はさらに拍車がかかりますね。

LCDの大型化と、Centrino以降のプロセッサとバッテリーの改良による長時間駆動で、急激にノートはデスクトップと同レベルに使いやすくなりました。また、世界的にシェアが伸びれば、コストダウンもさらに進んでいくんじゃないでしょうか。
これまで、最初のPC-286BOOK(知っている人いるでしょうか・・・)から現在のLavie G RXまで、6台のノートを使ってきましたが、どれも購入した時の価格にあまり変化がなくて、大体、16万後半から20万の間くらい。
思えば激しい無駄遣い orz
まあ、この数年間で、驚くまでの進化を遂げたものだと、改めて思います。PC-286BOOKは出張で持ち歩くなんて、到底考えられませんでしたからね。やったとしたら黒崎玄剛のかばん状態(笑)
[PR]
by Drewin | 2005-07-01 12:56 | Other Topics
<< 【ジルオール】 2年早ければ不... 忙しいのも今週まで・・・ >>