ちょっと未来生活を先取り

TV番組を録画して、携帯で見ることができるソフトウェア、M-Style TVが登場。動画ファイルをドコモやauで使われている3GPP、3GPP2や各種MPEG-4に変換するM-Styleシリーズの最新版です。

これまでは、朝の忙しい中で、ニュース番組をキャプチャーの後にファイル変換してまで見たいと思う人は少ないだろうと考えていました。
しかし、このソフトなら直接メモリーカードに録画していくので、ニュースが終わり次第すぐ出発。内容は電車の中でゆっくり見る、と言った使い方が出来るようになるので、実用性はかなり増したのではないでしょうか。
以前に、TV番組をキャプチャーした動画を、携帯で見たことがありますが、QVGAなら画像は大変クリアで、多少再生がもたつくことがあるものの、十分視聴に耐えられるものでした。携帯の貧弱なチューナーで無理にリアルタイムの放送を見るよりも、ストレスがずっと少ないです。

ちょっと大き目のメモリを挿せば2時間程度の映画も余裕で入るので、大きなPSPを持ち歩くよりもスマートに、モバイルムービー生活が出来ると思います。
実際には、バッテリーの持ち時間の方が、本格的に使う上で問題になると思いますが(笑)
出張の移動時間に暇を持て余すことが多いので、興味はあるのですが、そう言う時こそ携帯のバッテリーが切れることが許されないので、今後の携帯の進化に期待することになってしまうのでした (´Д`;)ヾ
[PR]
by Drewin | 2005-06-13 17:34 | Movie & AV
<< 全然大きく取り上げられてません... いちいちPCの電源を入れるのは... >>