ちょっとうれしいこと

週末、年末の買い物で忘れていた蛍光灯の交換を行いました。
長寿命でのエコと言う最近では当たり前の謳い文句の他に、『消灯時にしばらく蛍光し続ける』機能があったので、そのブランドに決定。
消灯した後は、青い光で薄く発光し続けて、周囲のものが判別できる状態が続きます。

就寝時に完全消灯する私の場合、常夜灯があっても無意味なので、この機能は大変便利だと思いました。
また、急な停電の時に、懐中電灯を探す間(よりかなり長いですが)真っ暗にならないのは心強いです。地震等で割れても、破片が発光し続けて、踏まずに済む効果もあるとのことですが、こんな経験はそうそうないですね。
小さい工夫でも大きな効果が得られることは、意外とあるもんですね。
[PR]
by Drewin | 2010-01-14 12:43 | Other Topics
<< 汚名返上(笑) 久々のヒット >>