2011年 03月 15日 ( 1 )

本当に良かった

今朝から、心配していた仙台在住の人達の無事の情報が次々寄せられ、胸のつかえが取れた気分です。まだまだ犠牲者が増えていく中で不謹慎かもしれませんが、今晩は飲みます。

先週末に第一報を聞いてすぐに心配したのは、上記のことと、電力供給の問題でした。

ご存知の通り、日本の電力系統は東西で50Hzと60Hzに分かれていて、そのままでは送電できません。周波数変換施設は、長野の新信濃(30万Kw×2)、静岡の佐久間(30万Kw)と東清水(30万Kwの内暫定で10万Kwを運用)の計100万Kwしかキャパが無く、これは原発1機分をまかなうのがやっとです。今回のような、複数の原発が同時に止まるようなケースには対応できない弱点が、もろに突かれた形と言えます。
現在、長野の隣接した発電所の周波数を切り替えて、直接送電を行おうとしていますが、これでも10万Kw台の追加がやっとのようです。東清水がフル運用されていなかったのが、実に残念です。

今回の教訓として、比較的天災に強い北陸経由の送電網も整備して欲しいと思います。志賀-柏崎ラインを結ぶ形で富山県内に変電施設を作れば、北陸新幹線でもめている石川・新潟の仲を富山が取り持つと言う形になって、皆ハッピーかも(笑)
[PR]
by Drewin | 2011-03-15 18:33 | Other Topics