歩いた並んだ博覧会

今日1日愛知窮博会場を回った内容を、ほぼそのままのログで、だらだらお送りします。
(以下全て、実際に各パビリオンに入れた時間で記録しています)

8時にホテルを出て、8:48 リニモに乗車。
会場に着いてから20分近くゲートに並んで、9:38 ようやく会場入り。この時点で既に汗だく。
10:20 三菱未来科学館。一軒くらいは企業館を見ておかないといかんだろうと言うことで、一番待たないここへ。後半の映像は圧巻でした。イメージ的には、ジュラシックパークが板野サーカスしてる感じ?
11:03 マレーシア、ベトナム、カンボジア、ニュージーランド。まあ、初っ端から人の並んでいない所は、推して知るべし、と言うことで・・・。
11:28 オーストラリア。展示物のセンスがいいです。
11:57 スペイン、ブルガリア。ヨーロッパの中では比較的入りやすかったです。スペインもセンスのいい展示です。
12:14 ギリシャ、トルコ、チュニジア、ボスニアヘルツェゴビナ、ヨルダン。ギリシャの内装・ビジュアルは最も気に入りました。個人的にお勧め。ヨルダンはほとんど死海だけを取り上げていましたが、それだけに濃い展示でした。サンドアートにアロマソルトと、土産にもいい感じ。
12:48 モロッコ。雰囲気だけはそこそこ気に入りました。
13:17 エジプト。意外と人気があったパビリオン。展示品は見たことある感じのものばかり。
この後ケバブを食べて、燃料補給。

既に、外にしばらくいるだけで滝のように汗が出るモードに。この日2本目のペットボトルを購入。
13:33 南アフリカ、アフリカ大陸国家。ほとんど土産屋。
14:01 ベルギー、イギリス、チェコ、アイルランド。ベルギーとチェコは綺麗にまとまっていて、後半回った中では結構良かったです。特にチェコは触れるアトラクションが多く、子供連れには合ってそうです。イギリスが入りやすかったのは、やっぱりアレのせいでしょうか(汗) アイルランドではケルトに触れてあるものの、フーリン君には会えず(笑)
14:58 キューバ。南北アメリカ大陸の中では、一番入りやすかったです。
13:10 カナダ。大げさなスクリーン上映の割には、言いたいことが不明。周りの人も同じことを感じていた様子。
15:43 インド、イエメン、カタール、イラン、バングラデシュ、スリランカ、中国。ここからかなり素通りモード。インドはさすがにIT企業の出展が多かったです。太っ腹なカタールは、各国で唯一ピンバッジをくれました。中国は上海博覧会のアピール多し。
16:26 モンゴル、ブータン、シルクロード国家。この辺もほとんど土産屋。
16:45 も~限界!、で会場を出ました。
16:51 リニモ乗車。自宅には21時ちょいに着きました。

基本的に、お金のある国は見所が多いのは間違いないのですが、色々と開催慣れしている国も綺麗にまとまっていると思いました。各日本館が激混みで断念したのが残念でした。あと、瀬戸会場?・・・ナンデスカソレハ。
教訓。朝10分早く出ることが、後半の1時間にも2時間にもなりかねないです。早起き推奨。
さすがに電車の中ではぐったりでしたよ・・・ヽ(;´Д`)ノ
[PR]
by Drewin | 2005-07-18 21:57 | Other Topics
<< 比較的まともに撮れてたもの 人の顔を覚えられない性質なので >>